カリスマ美容師はどうやってなれるの?

カリスマ美容師になるためには長い道のりがあります。容姿・技術・人望すべてにおいて揃っていないとカリスマ美容師になるのは難しいでしょう。 - 美容師になるには

美容師になるには

 その華やかな仕事ぶりから、美容師の仕事にあこがれを持つ人も多いですね。子供達からも人気がある職業ですが、美容師になるためにはどうしたらいいのでしょう。

こんな人がむいている

 器用でなければいけないと思う人もいますが、器用さは問題ではありません。技術は、たくさん練習すれば習得できます。美容に強い関心を持って、探求し続けられる志が最も大切です。
 人が好きであることも大切です。美容師は人と関わる仕事のため、高いコミュニケーション能力が求められます。会話でお客を楽しませるには、美容師自身が会話を楽しむ必要があります。不愛想な美容師よりも、話しやすくて相談しやすい美容師の方が人気が出ます。要望を聞いたり、髪形やスタイルを提案したりする時にも、コミュニケーション能力が重要です。

資格を取って、就職する

 美容師になるには、国家資格である美容師免許の取得が必要です。厚生労働省が指定する美容学校を卒業することで取得できます。夜間部や通信課もあるので、働きながらでも資格の取得が目指せます。
 資格を取得しても、美容師として十分なスキルがあるわけではありません。就職したあとは、アシスタントとして下積みをしながら、接客や技術を学びます。厳しい下積み時代を乗り切れば、スタイリストとして、お客と1対1で関わって美容師としての仕事ができるようになります。

離職率は非常に高い

 10年続けることができる人は、10パーセント程とも言われている世界です。立ち仕事が中心であることや、カットの練習などで拘束時間が長いことなどがネックになっています。ですが、やりがいのある仕事ですので、志を持って日々仕事をするうちに、カリスマ美容師と呼ばれるようになる日も来るかもしれません。

関連する記事

  ← 前の記事:
  
:次の記事 →
Copyright(C)2016 カリスマ美容師はどうやってなれるの? All Rights Reserved.