カリスマ美容師はどうやってなれるの?

カリスマ美容師になるためには長い道のりがあります。容姿・技術・人望すべてにおいて揃っていないとカリスマ美容師になるのは難しいでしょう。 - 美容師の仕事

美容師の仕事

 美容院に行くと、オシャレで明るい美容師さんたちが笑顔で迎えてくれます。美容氏は、子供達の将来なりたい職業としても人気が高く、華やかなイメージを持つ人が多いです。ですが実際はとても大変な仕事です。

下積み時代

 国家資格をとって、美容院で働くことになっても、はじめの1年間は下積みをしなければなりません。アシスタントとして、掃除やタオルの洗濯、シャンプーなどが主な仕事になります。立ちっぱなしになるので、肉体的にも精神的にもかなり大変です。
 閉店後はカットの練習をします。働いた後なので、かなり疲労がたまっている中でやらなければなりません。下積み時代は給料も低いため、拘束時間が長いと、わりにあわないと言って辞めてしまう人も多いです。この下積みの1年間はかなり大変ですが、一人前の美容師として仕事をするためには、通らなければならない道です。

離職率の高い職業

 美容師の仕事は大変です。そのため、離職率も高いです。美容師の平均年収は280万円ほどだといわれていますが、これは、離職率が高いため、ベテランの美容師が少なく、経験が少ない美容師が圧倒的に多いためです。努力をして腕を磨き、続けることが出来れば、600万円ほどの年収を得ることも可能です。
 独立し、自分の美容院を開業したとしても、競争の激しい業界のため、経営は大変です。リピーターが増えなければ美容院を続けていくことは難しいので、固定客をつけるために工夫をこらす必要があります。新しく開業する美容院も多いですが、それ以上につぶれていく美容院も多いのが現実です。

美容師は大変な仕事

 一見、華やかそうに見えますが、美容師は大変な仕事です。成功するためには、下積み時代を乗り切って、激しい経営競争に勝ち残らなければいけません。

関連する記事

  ← 前の記事:
  
Copyright(C)2016 カリスマ美容師はどうやってなれるの? All Rights Reserved.