カリスマ美容師はどうやってなれるの?

カリスマ美容師になるためには長い道のりがあります。容姿・技術・人望すべてにおいて揃っていないとカリスマ美容師になるのは難しいでしょう。 - 美容室と理容室の違い

美容室と理容室の違い

 美容室といえば、女性や若い男性が多く利用するイメージがあり、理容室といえば、主に男性が利用するイメージが強いのではないでしょう。なんとなくその違いは分かるかもしれませんが、はっきりとした区別はあるのでしょうか。

美容室について

 美容院やヘアサロンなど、美容室にも様々な言い方があります。美容室と美容院ではこれといった違いはありませんが、正式名称は美容所といいます。ヘアサロンは外来語で、美容室も理容室も、どちらも指すことができる言葉です。
 美容室では、カラーやパーマ、メイクなどがカットよりも主な仕事になります。実際はカットに来る客も多いですが、本来美容室でのカットは、髪を整えるために行います。カミソリなどの刃物を使って顔の毛を剃ることは、法律上行うことができません。国家資格である美容師免許を持つスタッフがサービスを行います。

理容室について

 理髪店や床屋ともいいますが、正式名称は理容所です。
 ハサミやカミソリなど、刃物を使ったヘアカットや顔の毛を剃ることが主な仕事です。国家資格である理容師免許を持ったスタッフが働きます。美容室では、女性の化粧崩れがないよう、シャンプーは仰向けで行いますが、理容室ではシャンプーを前かがみで行うところが多いです。
 女性は行きづらいと感じる人もいますが、理容室の中には女性客のとりこみを意識して、オシャレなつくりになっているところも多いです。顔の産毛をきれいに剃ってくれるので、好んで通う女性もいます。

美容室と理容室の違い

 法律によって、スタッフや行える業務に違いがあります。理容室では刃物を使って、カットや顔の毛を剃ることが主なサービスですが、美容室ではパーマやメイクなどが主になります。

関連する記事

  ← 前の記事:
  
:次の記事 →
Copyright(C)2016 カリスマ美容師はどうやってなれるの? All Rights Reserved.